エキス

ノコギリヤシはいつ飲むと効果的?

ノコギリヤシは北アメリカのフロリダやメキシコの海沿いで良く見られるヤシの一種です。
古くからネイティブのインディアンの間では、男性の排尿障害など尿に関するトラブルや強壮などに効果があることが知られており民間療法の薬として使われていました。
ノコギリヤシのサプリメントはいつ飲むのが効果的なのでしょうか。

中米のメキシコ湾岸が原産のノコギリヤシは、秋から冬にかけて赤く細長い果実がなります。
果実は食用として用いられるだけではなく現地では利尿作用や強壮作用があることでも知られていました。
中国でも棕櫚子(しゅろし)という名前で、泌尿器に関する諸症状に効果がある漢方薬としても用いられてきています。

ノコギリヤシはヨーロッパやアメリカなどでの研究が進み、前立せん肥大の患者に良く見られる頻尿などの症状の緩和に効果があることで知られています。
ヨーロッパでは薬用のハーブとして、医薬品認可されている国もあります。
さらに近年では男性特有の抜け毛の症状の緩和や予防、女性にとってもバストアップなどにも効果があるということで注目されています。

日本ではノコギリヤシの果実エキスは医薬品として認められていません。
そのため主に果実エキスを抽出したサプリメントが健康食品として多く売られており、ドラッグストアなどで手軽に入手をすることが可能です。

サプリメントは食品ですので、1日に決まった量であればいつ飲んでも特に問題はありませんが、夕食後もしくは就寝前に摂取する方がより効果が高まるとされています。
果実は脂溶性で脂分が多いために空腹の時に飲むと、胃腸に負担がかかってしまうことが考えらます。
また同じ脂分を多く含む食べものを一緒に食べることで、より吸収がされやすくなると言われています。
そのため特に胃腸が弱い方は、食事の後に摂取するのがおすすめです。

頻尿などの尿に関する悩みがある人は、薬と一緒に飲む水分が原因となって夜中にトイレに起きてしまう可能性もあるので、寝る直前ではなく数時間前に飲むことをすすめているサプリメント会社もあります。